スタッフブログ クラブ会員 アーカイブ

がん"と闘う自然免疫力とは

Category:クラブ会員

みなさんこんにちは。

(株)プロスパーサンダ 嘱託医の志賀和夫です。

今日は、みなさんに「がんと自然免疫力」についてお話をしたいと思います。

私たちの体は、精子と卵子の遺伝子が結びついた「たった一個」の受精卵から始まります。

受精卵は、その遺伝子情報をコピーし、その中のどれかの遺伝子が働きながら2分裂を繰り返し、約60兆個ほどの細胞からなる体なります。

だから、 私たちの体の全ての細胞は、同じ遺伝子を持っています。

ただ、どの遺伝子が働いているかだけの違いなのです。

そして正常細胞は、生まれたら死に、新しい細胞と入れ替わっているのです。

例えば、皮膚の細胞は生まれたら分裂が止まり、上に押し上げられ表皮となり、

表面からフケ、アカと呼ばれるように死んでいく、を繰り返してるのです。

そしてそのサイクルが一定なので、皮膚の厚さはいつも同じに保たれます。

赤血球は、約90日で死に、新しい赤血球と入れ替わっているのです。

このように正常細胞は、生まれたら分裂が止まり、死んでいきます。

では、がん細胞ではどうでしょうか?

実は、正常細胞の中の遺伝子に異常が起きると(簡単に言うと、遺伝子の中のがん遺伝子が働き出すと)がん細胞になっていくのです。

そしてがん細胞になると、死なずにいつまでも分裂増殖を続け、血管やリンパ管を流れて移転、増殖していきます。

このようにがん遺伝子が働くと「がん細胞」、がん遺伝子が働かないと「正常細胞」ということになります。

つまり、この2つの細胞は、全く同じ遺伝子を持つ兄弟細胞なのです。

そしてこのがん細胞を見つけ出して殺すシステムが、NK(ナチュラルキラー)細胞※をはじめとした自然免疫力なのです。

※がん細胞殺すことからこの名前がついています。

またがん細胞は、赤ちゃんの時から生まれています。そして自然免疫力には、先天的に強弱があり、非常に弱い子は小児がんになります。

私たちは、いつでもどこからでも生まれてくるがん細胞を、自然免疫力でやっつけながら生きているのです。

この自然免疫力は生活の中で強くなったり弱くなったりしながら、20歳ぐらいをピークに動脈硬化(老化)に伴って、弱っていきます。

だから長生きすればするほど自然免疫力が弱り、がん細胞をやっつけることができなくなり、がんになる人が増えていくのです。

今の日本は、世界一長生きするようになりました。その結果、この自然免疫力が弱っても生きる続けるため、2人に1人が「がん」になると言われているのです。

そして「がん」なった人はすでに、この自然免疫力が「がん」をやつけられないほど弱っており、さらに歳と共に弱っていくから、同じ生活をしていくと再発増殖しやすくなり、また人によっては「多重がん」と言って違う部位の「がん」になることもあります。

この自然免疫力を強化パワーアップする私の治療法は、すべての人が「がん細胞」をやつける力を強くしますから、延命はもちろん、治癒が望める治療法です。

体を元気に若返らせることを目標にする治療法なので、癌だけでなく、年とともに増える肺炎や認知症(ボケ)、寝たきりからも遠ざかるのです。

良いことを足し、悪いことを引き、プラス・プラスの考えで、自分の足で免疫の山に登っていくのです。

高く登ったのに比例して免疫力が上がり、延命効果が強くなり治癒率があがります。もちろん、副作用の心配はありません。

ですので、

がんを克服すること、決してあきらめてはいけません。

こちらの記事に関するコメントや、

健康に関するご質問などあれば、丁寧にお答えいたします。

下記アドレスまでお寄せください。

sanda@eos.ocn.ne.jp

カテゴリーアーカイブ

年別アーカイブ